Skip to content

白髪染めは髪にやさしくないと続かない

掻きあげた髪の中に最初に白髪を見つけたのは彼だった。

それからは三面鏡を隈なく隅々までチェックして、1本見つけると毛抜きで抜いていた。

けれども1年2年と経つうちに、抜いていたのでは追いつかなくなり、初めて美容院で白髪染めをオーダーした時は、ちょっとショックだった。

それからまた数年後、3か月に1度で大丈夫だった白髪染めも追いつかなくなり、1か月毎に通わないと隠し切れなくなってきた。

そうなると市販の白髪染め液を使うようになった。

価格もメーカーも様々でとても迷ったが、元々健康志向であった為か髪に負担になる成分が入っているのは使いたくなかった。

当時、流行っていたヘナもしばらく試してみた。

化学的な成分は入っていないけれど、染めるのに時間がかかり、思い通りの色が出せないので使用をやめた。

最近はレフィーナという白髪染めを使用している。

染めるのではなくマニキュアの括りではあるけれど、時間もかからずお風呂タイムで染められる手軽さがある。

市販の白髪染めより高価ではあるけれど、髪にやさしい成分なのでそこは譲れない。

毎週末のケアが必要だけれど、自分の髪だからこれからは手間暇をかけてあげたい。

Published in口コミ